テレビCM放映中の引越革命が提供するラク越は年間30000件超の引越サービスを提供しており、テレビ番組にも出演するプロスタッフによる安心お引越しでお客様満足度では3冠を達成!
プロバスケットボールチームのトップスポンサーも務めております。

特許!通販スタイルで Smartな引越
0120-36-2020
営業時間:10時〜20時 / 土日祝祭日も営業
ホーム / ラク越コラム / 2022 / 08 / 31 / 引越しにかかる費用が安い時期はいつ?最安シミュレーション、安く抑えるコツも解説

ラク越コラム


引越しにかかる費用が安い時期はいつ?最安シミュレーション、安く抑えるコツも解説

引越しは行う時期によって費用が大きく異なります。できるだけ費用を安く抑えたいならば、どの時期を選んで引越しするとお得なのでしょうか。

本記事では、引越しにかかる費用が特に安い時期を紹介して、またそれらの時期における料金相場をシミュレーションします。他にも費用をさらに安く抑えるコツを6つお伝えしますので、ご覧ください。

引越しにかかる費用が安い時期はいつ?

引越しにかかる費用が安い時期は、以下のとおりです。

<引越しにかかる費用が安い時期>

  • 引越し料金・・・3~4月の繁忙期以外なら安い
  • 土日・祝日より平日の方が安い
  • 【参考】家賃は6~10月の契約が安い

それぞれの項目を詳しく確認していきましょう。

引越し料金・・・3~4月の繁忙期以外なら安い

結論からお伝えすると、3~4月の繁忙期を除けば安い料金で引越しできます。新生活がスタートする4月は引越しが増える時期で、需要の増加に伴い料金も上がるため注意しましょう。また単身か家族かによっても、安い時期は以下のように変わります。

<引越し料金が安い時期>

  • 単身での引越しは10月が特に安い
  • 家族での引越しは12~1月が特に安い

こちらも詳しくチェックしていきましょう。

単身での引越しは10月が特に安い

単身での引越しの場合は、10月が特に安い傾向にあります。反対に、もっとも高くなるのは繁忙期の3月です。それぞれの相場を見ておきましょう。

<単身での引越しの場合の料金相場>

  • 10月・・・35,000~40,000円
  • 3月・・・65,000~80,000円

このように約2倍の差額が生じるため、時期選びは大切なポイントです。

家族での引越しは12~1月が特に安い

家族での引越しにかかる費用相場も、最安の12~1月と最高値の3月で比較してみましょう。

<家族での引越しの場合の料金相場>

  • 12~1月・・・75,000~90,000円
  • 3月・・・125,000~160,000円

2倍とまではいきませんが、やはり大きな差が生じます。引越し時期を選べるならば、できるだけ安い時期で行いましょう。

土日・祝日より平日の方が安い

また時期を問わず、土日・祝日よりも平日の方が安い傾向が見られます。特に会社員の方は平日に引越しを行いづらいので、予約が土日・祝日に集中して相場も高くなるのです。そのため、可能ならば平日に引越しを行いましょう。

【参考】家賃は6~10月の契約が安い

契約する時期によって、家賃が変動することも知っておきましょう。3~4月の引越しシーズンは物件の需要も高いため、大家さんや管理会社は強気の家賃を設定します。しかし、引越しのピークが過ぎて売れ残った物件は値下がりしやすいため、家賃を抑えて引越しするなら6~10月の契約がおすすめです。

引越しにかかる費用が特に安い時期でシミュレーションしてみよう!

引越しにどれくらいの費用がかかるのか、特に安い時期でシミュレーションしてみましょう。

<時期ごとに見た引越し費用のシミュレーション>

  • 10月の平日に単身で引越しする場合
  • 12月の平日に家族で引越しする場合

それぞれの結果を見てみましょう。

10月の平日に単身で引越しする場合

10月の平日に東京都内で単身の引越しをする場合、費用の目安は以下のとおりです。

<シミュレーション結果>

  • 荷物が少ない場合:35,000円
  • 荷物が多い場合:40,000円

ワンルームから1DK程度までの間取りにお住まいの場合、一般的には35,000円前後での引越しが可能です。ソファーやベッドなど大きな家具がある場合も、40,000円前後だと見積もっておけば問題ないでしょう。

12月の平日に家族で引越しする場合

12月の平日に東京都内で家族と一緒の引越しする場合、費用の目安は以下のとおりです。

<シミュレーション結果>

  • 2人家族:75,000円
  • 3人家族:85,000円
  • 4人家族:90,000円

引越し料金は、家族の人数ではなく荷物の数で決まります。家族が多いほど荷物も増える傾向にあるため、人数が増えると相場も上がります。しかし、荷物の量によっては金額が逆転する場合もあるので注意してください。

引越しにかかる費用をさらに安く抑えるコツ

引越しにかかる費用をさらに安く抑えるために、以下の6つのコツを生かしましょう。

<引越しにかかる費用をさらに安く抑えるコツ>

  1. 複数の引越し会社を比較する
  2. 不用品をあらかじめ処分しておく
  3. 梱包・荷ほどきは自分で行う
  4. フリー便や午後便を活用する
  5. オプションを極力つけない
  6. クレジットカードで分割払いをして負担を減らす

順番に分かりやすく解説します。

①複数の引越し会社を比較する

引越し料金は、契約する引越し会社によって異なります。一つの会社をピンポイントで指定せず、複数の引越し会社から相見積もりをとって料金を比較しましょう。大手だけでなく、地域に密着した小・中規模の引越し会社にも注目すれば、さらにお得な会社を見つけやすくなります。

②不用品をあらかじめ処分しておく

引越し料金を大きく左右するポイントの一つが、荷物の量です。不用品をあらかじめ処分すれば運搬する荷物が減るため、料金も安くなる可能性が上がります。特にトラックの台数が増えると料金が大幅に上がるので、単身~2人暮らしの方は1台のトラックにまとめられるように調整してみましょう。

③梱包・荷ほどきは自分で行う

梱包・荷ほどきを引越し会社側で行うサービスもありますが、これは料金が高い上位プランの契約者が利用できるサービスです。梱包・荷ほどきを自分で行うだけでも引越し料金の節約につながるので、梱包・荷ほどきはできる限り自分で行いましょう。

④フリー便や午後便を活用する

以下のような特殊なサービスを利用することも節約につながります。

<特殊なサービスの例>

  • フリー便・・・引越し会社の都合の良い時間に作業を行う
  • 午後便・・・午後から作業を行う
  • 混載便・・・他の契約者とトラックをシェアする
  • 帰り便・・・他の契約者が引越しを済ませた帰りに作業を行う

引越しでは、正午前後までに作業が完了する「午前便」が人気です。反対に上記のプランは不人気であるため料金が安く、割安で引越しできます。

⑤オプションを極力つけない

引越し会社は独自のオプションを提供しています。荷造り・荷ほどきのサポートだけでなく、エアコンの脱着、梱包用品の提供などオプションの中身はさまざまです。いずれも別料金がかかるため、本当に必要なオプション以外は利用しないようにしましょう。

⑥クレジットカードで分割払いをして負担を減らす

引越し料金をクレジットカードで支払い、分割払い・リボ払いを選べば負担を分散できます。利息がついてしまう場合もありますが、一括で高額な費用を支払わずに済む点は魅力的でしょう。ただし、すべての引越し会社がクレジットカード払いに対応しているわけではないため、支払い方法の確認は必須です。

まとめ

引越しの安い時期は、需要が高まる3~4月を除いた時期です。5月以降は引越し料金だけでなく、家賃相場も安くなりやすいため狙い目といえます。特に単身の引越しの場合は10月、家族で引越しする場合は12月が安くなりやすいタイミングです。

ラク越(ラクコシ)サービスは、一貫したオンラインシステムを構築したことで、引越し業界で革命を起こしました。引越しにおいて従来かかってきたコストを大幅にカットして、常識的な価格設定の破壊に成功しました。安い時期はもちろん、費用が高額になりがちな時期の引越しも、引越革命にお任せください。

お見積もりスタート
0120-36-2020
営業時間:10時〜20時 / 土日祝祭日も営業
お見積もりはこちら