テレビCM放映中の引越革命が提供するラク越は年間30000件超の引越サービスを提供しており、テレビ番組にも出演するプロスタッフによる安心お引越しでお客様満足度では3冠を達成!
プロバスケットボールチームのトップスポンサーも務めております。

特許!通販スタイルで Smartな引越
0120-36-2020
営業時間:10時〜20時 / 土日祝祭日も営業
ホーム / ラク越コラム / 2022 / 09 / 06 / 引越しの繁忙期・閑散期はいつ?料金相場、高い時期でも安く抑えるコツを解説

ラク越コラム


引越しの繁忙期・閑散期はいつ?料金相場、高い時期でも安く抑えるコツを解説

4月の卓上カレンダーと電卓と家の模型

引越しにかかる費用は時期によって大きく異なるため、できるだけ安くなる閑散期を狙うことが節約に向けた大きなポイントです。費用が高額になる繁忙期を避ければ、費用以外にも多くのメリットを得られます。本記事では、閑散期の時期や繁忙期を避けるメリットを詳しくお伝えして、繁忙期に引越しを行う場合の節約方法も合わせて解説します。

引越しの繁忙期・閑散期はいつ?

引越しの繁忙期は3~4月ですが、閑散期は特にありません。料金を抑えて引っ越したいならば、まず繁忙期を避ける点を意識しましょう。

また同じ月でも条件により価格は変動するため、引越しにかかる費用を決める要素について詳しく解説します。

繁忙期は3~4月

3月~4月は就職や進学で新生活がスタートする時期ですので、新しく部屋を借りる方などが急増します。その影響で引越し会社を利用する方が多くなるため、料金相場が上がるのです。

引越しに閑散期はない

3~4月を除いた時期は通常期になります。特定の月に費用相場が大きく下がるケースはないため、引越しに閑散期はありません。ただし、多くの方が引越しを避けやすい年末年始は引越しの需要が低くなりますので、費用が安くなる可能性があります。

同じ月でも価格は変動する

通常期では同じ月でも価格が大幅に変動するケースがありますので、その理由を説明します。引越しの費用を決める原則は、需要が高いかどうかです。たとえば土日祝日などの会社員が引越しをしやすい日や、人気の高い午前便、大安など六曜の縁起が良い日は費用が高くなり、それ以外のタイミングは費用が安くなる傾向にあります。

繁忙期を避けて引越しするメリット

赤字でメリットと書かれた吹き出しと赤い色鉛筆

繁忙期を避けて引越しするメリットは、以下のとおりです。

<繁忙期を避けて引越しするメリット>

  • 引越しの料金相場が安い
  • 引越し会社をじっくり選べる
  • 人気の引越し会社でも予約がとりやすい
  • 家賃や引越し料金の交渉ができる可能性もある
  • 物件探しも余裕をもってできる

費用以外のメリットも多いので、それぞれの内容を詳しく確認しておきましょう。

引越しの料金相場が安い

まず繁忙期を避ける一番のメリットは、引越しの料金相場が安くなる点です。単身者向けの料金相場を例に、繁忙期と通常期にかかる費用を比較してみましょう。

<引越しの料金相場(単身者の場合)>

  • 繁忙期⋯⋯50,000~70,000円
  • 通常期⋯⋯35,000~50,000円

繁忙期と通常期では、最大で2倍の差額が生じます。繁忙期を避ければ引越し費用が節約できますので、家具・家電などの予算を増やしたり、貯蓄に回したりできるでしょう。

引越し会社をじっくり選べる

繁忙期を避ければ、安くて優秀な引越し会社をじっくり選べます。繁忙期は引越し会社にとってかき入れ時ですので、希望日時に予約をとる場合、その場で契約することを求められがちです。その点、通常期の引越しなら極端に急ぐ必要がありませんので、時間をかけてお得な引越し会社を選べるでしょう。

人気の引越し会社でも予約がとりやすい

繁忙期では人気の引越し会社は予約が埋まりやすいので、引越しを決意したタイミングではすでに埋まっているかもしれません。しかし、通常期に予約の連絡をすれば、人気の高い引越し会社でも希望日時の予約をとりやすくなります。

また他に希望する引越し会社がある場合でも、繁忙期を避けて依頼すると良いでしょう。

家賃や引越し料金の交渉ができる可能性もある

通常期ならば、家賃や引越し料金の値下げ交渉ができる可能性もあります。3~4月の繁忙期に売れ残った物件は投げ売りされることがありますので、割安な家賃に設定してでも入居者を見つけたいと考えるオーナーや管理会社が多いでしょう。引越し会社としても一定の利用者を確保したいはずなので、相場を下回る料金でも作業に応じてくれるかもしれません。

物件探しも余裕をもってできる

繁忙期を避ければ、物件探しにもじっくり時間をかけられます。繁忙期は好条件な物件が争奪戦になるケースが多く、問い合わせたタイミングですでに契約が成立している場合もあるでしょう。しかし、通常期なら同時期に物件を探すライバルが少ないので、余裕をもって自分に合った物件を探せます。

繁忙期でも引越し料金を安く抑えるコツ

スマホ片手にポイントというポーズをする女性

しかし、さまざまな事情から繁忙期に引越しせざるを得ない場合もあるでしょう。そんなときは、以下のポイントを押さえれば料金を最小限に留められますので、参考にしてください。

<繁忙期でも引越し料金を安く抑えるコツ>

  • 複数の引越し会社で相見積もりをとる
  • 平日に引っ越す
  • 月末・月初・大安を避けて引っ越す
  • 運ぶ荷物をできる限り減らす
  • 午後便・フリー便を利用する
  • 単身者向けなどの割引サービスを活用する

それぞれのポイントをわかりやすく解説しましょう。

複数の引越し会社で相見積もりをとる

同じ内容の引越しでも、利用する引越し会社によって料金が異なります。複数の引越し会社に依頼して相見積もりをとり、なるべく安く利用できる会社を見つけましょう。

ただし、他社では通常プランに含めているサービスをオプション扱いにしている引越し会社では、料金が安くても必要なサービスを受けられない恐れがあります。明細や契約内容を比較して、本当にお得な会社かどうか確認しましょう。

平日に引っ越す

平日は会社員が作業できないケースが多く、土日祝日と比べて不人気になりがちです。そのため、平日の料金相場は安いので、極力平日を選んで引っ越ししましょう。

月末・月初・大安を避けて引っ越す

月末・月初・大安は引越し費用が高額になりやすいため、このタイミングは避けましょう。月末・月初は賃貸の契約日を切られるケースが多く、引越しの需要が高くなりがちです。

また、大安も六曜において縁起が良いことから、ゲンを担ぐ方に重宝されています。六曜を気にしないならば、料金相場が安い仏滅や友引などのタイミングを選ぶのが良いでしょう。

運ぶ荷物をできる限り減らす

引越し費用は荷物の量で左右されるので、荷物の量を減らすのも有効です。不用品は引越し前に処分して、家財を最小限に抑えましょう。

午後便・フリー便を利用する

午後便とは午後から作業をスタートさせるプランであり、明るい時間帯に引越しが完了する午前便と比べて不人気なため、料金が安くなる場合があります。また、引越し会社が都合の良い時間を選ぶフリー便も人気が低いので、費用を抑えたい方におすすめです。

単身者向けなどの割引サービスを活用する

荷物を梱包する引っ越し作業員

単身者の方は、「単身向けパック」「単身向けプラン」といった単身者向けの割引サービスの利用を検討することをおすすめします。運べる荷物の量やサイズが制限されますが、20,000円前後とかなり料金を抑えられるかもしれません。

まとめ

引越しの繁忙期は3~4月であり、それ以外の時期と比べると費用相場が最大で2倍まで上がってしまいます。少しでも費用を抑えたいならば、繁忙期を避けることを心がけましょう。それでも繁忙期に引越しせざるを得ない場合は、少しでも安く引っ越すためのコツをできる限り多く生かすのがポイントです。

引越革命のラク越(ラクコシ)サービスは、引越し業界で変革を起こしたサービスです。一貫したオンラインシステムを構築し、従来かかってきたコストを大幅にカットすることで、価格設定の常識を破壊しました。圧倒的な低価格で引越しをサポートしますので、安価で高品質な引越しは弊社にお任せください。

お見積もりスタート
0120-36-2020
営業時間:10時〜20時 / 土日祝祭日も営業
お見積もりはこちら