テレビCM放映中の引越革命が提供するラク越は年間30000件超の引越サービスを提供しており、テレビ番組にも出演するプロスタッフによる安心お引越しでお客様満足度では3冠を達成!
プロバスケットボールチームのトップスポンサーも務めております。

特許!通販スタイルで Smartな引越
0120-36-2020
営業時間:10時〜20時 / 土日祝祭日も営業
ホーム / ラク越コラム / 2022 / 09 / 06 / 単身向けの引越しサービスはおすすめ?費用相場や注意点、安く抑えるコツを解説

ラク越コラム


単身向けの引越しサービスはおすすめ?費用相場や注意点、安く抑えるコツを解説

女性に説明する引っ越し業者

1人暮らしなど単身者の引越しに便利なサービスが、「単身向けパック」や「単身向けプラン」です。通常のプランと比べて安く利用できる点がメリットですが、どのようなサービスなのでしょうか。費用相場や注意点、料金を安く抑えるコツを解説しますので、参考にしてください。

引越し会社の単身向けサービスには2種類ある

引越し会社の単身向けサービスは、以下の2種類に分かれます。

<引越し会社の単身向けサービス>

  • 単身向けパック
  • 単身向けプラン

それぞれの特徴を見ていきましょう。

単身向けパック

決められたサイズのコンテナ(カーゴ台車:台車の周りに170㎝程度の高さの柵が付いているもの)に荷物を収納し、その他の利用者の荷物とまとめて運搬するサービスが単身向けパックです。定額料金で安価に利用できる点がメリットですが、コンテナに収まらないサイズの荷物は運んでもらえませんので注意しましょう。引越し先が家具付きの家であるケースなど、荷物の少ない人におすすめです。

単身向けプラン

基本的にはごく一般的な引越しサービスですが、荷物の量が少ない分、ファミリー向けのプランよりも安く利用できるプランです。ダンボールなどの資材を使って本格的な引越しができる点がメリットですが、荷物の量が多いと追加料金がかかります。確実にすべての荷物を運びたい人におすすめのサービスです。

単身での引越し費用はいくらかかる?

電卓と木でつくられたトラック

単身向けパックはコンテナを使った引越しですので料金相場もより安く、目安は20,000~30,000円です。一方、単身向けプランは通常の引越しプランがベースとなるため、荷物の量や移動距離に応じて費用が異なります。

実際に利用できるサービスの料金や費用の内訳を細かく見ていきましょう。

単身での引越し費用相場

単身向けパック・プランの費用相場を紹介します。

【単身向けパックの費用相場】

会社 名称 コンテナのサイズ 費用
ヤマトホームコンビニエンス わたしの引越 100×100×170cm 23,100円~
日通 単身パックSサイズ 108×74×155cm 19,800円~
単身パックLサイズ 108×104×175cm 22,000円~
ハトのマークの引越センター 小鳩パック 110×80×170cm 24,150円~
サカイ引越センター 小口便引越プラン 105×75×144cm 非公開
※すべて税込み

単身向けプランについては各社とも料金を公開していませんが、費用相場としては30,000~50,000円が目安です。引越革命のラク越の単身プランは移動距離 20Km 以内で部屋の間取りが1Rまたは1K程度でれば、引越基本料金は14800~30,000円が目安となります。

単身での引越しにかかる費用の内訳

単身での引越しにかかる費用の内訳は、以下のとおりです。

<引越し費用の内訳>

  • 基本料金⋯⋯時間や距離によって異なる
  • 実費⋯⋯人件費やトラック代など
  • サービス料⋯⋯オプションにかかる料金

単身向けパックの場合はコンテナで使用する区画のサイズが決まっているため、基本料金は均一です。ただし、会社によって利用するシーズンや時間帯により料金が加算されたり、移動距離に応じて料金が変動したりする場合があります。

単身向けプランでもオプションの有無などで料金が変動しますので、見積もりをとっておきましょう。

単身向けの引越しサービスに関する注意点

段ボールにをガムテープで閉める男性

単身向けの引越しサービスを利用する際は、以下の4点に注意しましょう。

<単身向けの引越しサービスに関する注意点>

  • 大きい家財は運べない場合がある
  • 荷物の量が多いと追加料金がかかる
  • ダンボールなど資材の提供が最低限
  • 引越し当日に荷物が届くとは限らない

それぞれ詳しく解説します。

大きい家財は運べない場合がある

ソファなどの大きい家財は運べない場合があります。たとえば日通の「単身パックLサイズ」で使用できるコンテナのサイズは108×104×175cmなので、175cmを超える家財は運搬できません。単身向けパックで運べるもの・運べないものを目安でまとめましたので、ご覧ください。

<単身向けパックで運べるもの・運べないもの>

運べるもの ・テレビ
・テレビ台
・ローテーブル
・布団
運べないもの ・冷蔵庫
・洗濯機
・電子レンジ
・ソファ
・ベッド

荷物の量が多いと追加料金がかかる

単身向けプランの場合、荷物の量が多いと通常プランに移行する必要があるため追加料金がかかります。単身向けパックでも、1つのコンテナに収まりきらない場合はコンテナを追加するなどの対応を求められるため注意しましょう。

ダンボールなど資材の提供が最低限

単身向けサービスは、資材の提供を最低限に抑えることで低価格化を実現させています。そのため、ダンボールなどの資材が足りなくなる場合がありますので、資材が不足しないようあらかじめ自分で用意しておく必要があります。

引越し当日に荷物が届くとは限らない

通常の引越しとは違い、当日中の配送には対応していないケースが多いです。たとえばヤマトホームコンビニエンスの場合、集荷から到着までの日数は最短でも翌日ですので注意しましょう。

単身での引越し費用を安く抑えるポイント

単身での引越し費用を安く抑えるポイントを6つご紹介します。

<単身での引越し費用を安く抑えるポイント>

  • 複数の引越し会社で相見積もりをとる
  • 不用品はあらかじめ処分しておく
  • 宅配便や赤帽を活用する
  • 敷金・礼金などの初期費用が安い物件を選ぶ
  • 荷造り・荷解きを自分でやる
  • 繁忙期を避けて引っ越す

それぞれのポイントをわかりやすく解説していきましょう。

複数の引越し会社で相見積もりをとる

使う引越し会社によって、利用できるサイズやサービス内容、料金が異なります。大手だけでなく、地域密着型の引越し会社も比較対象に含めて、相見積もりをとりましょう。

不用品はあらかじめ処分しておく

荷物の量を減らしておけば費用の削減できますので、不用品はあらかじめ処分しておきましょう。また家具や家電を買い替える場合は家電量販店に連絡して新居に配送してもらい、引越しの荷物を増やさないこともポイントです。

宅配便や赤帽を活用する

単身向けプランとは別に、宅配便や赤帽を活用するのもおすすめです。単身向けサービスでは運びきれなかった荷物が出た場合も、この方法を使ってしのぎましょう。

なお、赤帽とは全国にある軽貨物運送業を営む組合であり、引越し作業や配送業などを依頼できます。

敷金・礼金などの初期費用が安い物件を選ぶ

新居の契約にかかる初期費用を浮かせれば、引越し費用を捻出しやすくなります。敷金・礼金が安い物件や、フリーレント(一定期間家賃が無料になる契約)のある物件を優先的に探しましょう。

荷造り・荷解きを自分でやる

ひとりで荷造りをする様子

荷造り・荷解きをスタッフに任せられるサービスは便利ですが、別料金がかかってしまいます。引越し費用を安くしたいならば、荷造り・荷解きを自分で行うリーズナブルなプランを選びましょう。

繁忙期を避けて引っ越す

3~4月にかけての繁忙期は、単身向けサービスの料金も上がります。引越しの時期を選べる状況ならば、繁忙期は避けましょう。また、土日祝日の引越しなど料金が高くなる日を極力避けるのもおすすめです。

まとめ

単身向けサービスには「単身向けパック」と「単身向けプラン」の2種類があり、サービス内容が異なります。いずれも通常のプランより安価な点がメリットですが、場合によっては運べない家財があることに注意しましょう。

費用を抑えた引越しを実現させたい人には「引越革命」がおすすめです。引越革命は一貫したオンラインシステムを構築して、従来の一般的な価格設定を破壊することに成功しました。圧倒的な低価格とストレスフリーなサービス受付で、全国のお客様の引越しをサポートしますのでぜひご利用ください。

お見積もりスタート
0120-36-2020
営業時間:10時〜20時 / 土日祝祭日も営業
お見積もりはこちら