テレビCM放映中の引越革命が提供するラク越は年間30000件超の引越サービスを提供しており、テレビ番組にも出演するプロスタッフによる安心お引越しでお客様満足度では3冠を達成!
プロバスケットボールチームのトップスポンサーも務めております。

特許!通販スタイルで Smartな引越
0120-36-2020
営業時間:10時〜20時 / 土日祝祭日も営業
ホーム / ラク越コラム / 2023 / 01 / 24 / 引越しを決める理由にはどんなものがある?引越し先を決めるときの注意点も解説

ラク越コラム


引越しを決める理由にはどんなものがある?引越し先を決めるときの注意点も解説

引越しの荷物を運ぶ男女

引越しを決める理由は「結婚する」「進学する」といったポジティブなものから「近隣でトラブルがあった」などネガティブなものまでさまざまです。本記事では、どのような理由で引越しを決意する人が多いのかをご紹介したうえで、引越し先を決めるときに注意すべきことも分かりやすく解説します。

引越しを決める理由にはどんなものがある?

引越しを決める理由として多いのは以下の8つです。

<引越しを決める理由>

  • 理由①同棲を始める・結婚する
  • 理由②進学する・就職する・転職する
  • 理由③異動や転勤になった
  • 理由④子どもが生まれる
  • 理由⑤ペットを飼い始める
  • 理由⑥家賃の契約更新のタイミングを迎える
  • 理由⑦いまの家に不便を感じている
  • 理由⑧近隣でトラブルがあった

まずは世間の人々がどのような理由で引っ越しているのかを見てみましょう。

理由①同棲を始める・結婚する

同棲や結婚をきっかけに引越しをするパターンです。お互いの職場や学校に通いやすい地域に引っ越したり、この機会にはじめて実家を出て独り立ちをしたりするケースも見られます。

理由②進学する・就職する・転職する

進学・就職・転職を機に、学校や職場に通いやすい地域へ引っ越す人も多くいます。実家などいままで住んでいた家からでは通勤・通学に時間がかかりすぎる場合、アクセスの良いエリアへ引っ越すと良いでしょう。

理由③異動や転勤になった

職場の異動や転勤を機に引越しを行う人もいます。いわゆる「転勤族」の方にとっては、1~2年周期で引越しを繰り返す可能性もあるでしょう。

理由④子どもが生まれる

妊婦の女性

子どもが生まれることをきっかけに引越しをするパターンです。子育ての支援が充実した地域に引越しをしたり、現在住んでいる家が手狭に感じる場合により大きな間取りの部屋に引越しをしたりする人は多くいます。

理由⑤ペットを飼い始める

アパート・マンションの規約によってペットを飼育できない場合は、ペット可の物件に引っ越さなければなりません。物件によりペットに関する規約が異なり、飼育できる動物の種類やサイズが異なる場合があるため、引越し前に細かく条件を確認しましょう。

理由⑥家賃の契約更新のタイミングを迎える

賃貸物件は一般的に2年置きに契約更新のタイミングを迎え、これを機に引越しをする人もいます。地域によっては家賃1ヶ月分などの更新料が請求される場合がありますが、更新前に引越しすれば更新料の支払いを避けられます。

理由⑦いまの家に不便を感じている

いまの家の立地や設備などを不便に感じて、より良い環境を求めて引越しをするパターンです。「最寄り駅までの距離が長い」「オートロックがついていないせいでセキュリティに不安を覚える」など、不便を感じるポイントは人によって異なります。

理由⑧近隣でトラブルがあった

ご近所で騒音問題などのトラブルが発生したり、ストーカーの被害に遭ったりして引越しを検討する人もいます。不本意な形ではありますが、より大きなトラブルに巻き込まれる前に引越しを決断するのも賢い選択と言えるでしょう。

男女別でも異なる引越しの理由

荷物を運ぶ男性と荷造りをする女性

引越しの理由は男女別でも異なります。

<男女別でも異なる引越しの理由>

  • 男性に多い引越し理由
  • 女性に多い引越し理由

男女別にどういった事情を抱えて引越しをするパターンが多いのか見てみましょう。

男性に多い引越し理由

男性に多い引越しの理由は以下の3つです。

<男性に多い引越しの理由>

  • 結婚
  • 就職
  • 転職

就職や転職など、仕事の都合で引越しをするケースが多い点が特徴的です。職場から近いエリアに引越しをするパターンだけでなく、寮から独立するために引越しをする人もいます。

女性に多い引越し理由

女性に多い引越しの理由は以下の3つです。

<女性に多い引越し理由>

  • 結婚
  • 出産
  • 家族の都合

男性と同じく結婚をきっかけに引越しをする人が多い反面、男性とは違って会社都合による引越しは少なめです。出産や教育にともなって環境を変えるために引越しを選んだり、両親の介護や夫の転職など家族の都合にあわせて引越しをしたりするパターンが多く見られます。

引越し先を決めるときに気をつけたいこと

トラック 男性 ポイント

引越し先を決める際の注意点は以下の4つです。

<引越し先を決めるときに気をつけたいこと>

  • 不動産会社に引越し理由をしっかりと伝えたうえで相談する
  • トラブルや不満が理由の場合は、新居で解決できるか確認する
  • 引越しにかかる費用を細かく計算する
  • 物件探しに時間をかけすぎないようにする

それぞれのポイントを分かりやすく解説します。

不動産会社に引越し理由をしっかりと伝えたうえで相談する

不動産会社を利用する際に、担当者へ引越しをする理由をしっかりと伝えましょう。たとえばペットを飼いたい場合はペット可の物件を選ぶ必要があり、子育てが目的ならそれに合う環境が整った地域への引越しが必要です。不動産会社は地域や物件の特徴に精通していますから、引越しの理由を明確に伝えることで理想的な物件が見つかりやすくなります。

トラブルや不満が理由の場合は、新居で解決できるか確認する

トラブルや不満などネガティブな理由で引越しをする場合は、新居でその問題を解決できるか確認しましょう。たとえばストーカー被害に悩んで引越しをするならば、オートロックなどの設備が充実した物件や交番・警察署が近くにある物件を選ぶと安心です。

引越しにかかる費用を細かく計算する

引越しでは以下のような費用がかかります。

【引越しでかかる費用の目安】

敷金・礼金家賃の0~2ヶ月分
仲介手数料家賃の0~1ヶ月分
前家賃家賃の1ヶ月分
保証会社利用料家賃の50~100%
火災保険料10,000~20,000円
鍵交換費用10,000円
退去費用0~20,000円
引越し会社利用料15,000~200,000円

費用を浮かせるためには「敷金・礼金ゼロ物件」を選んだり、料金の安い引越し会社を利用したりすることがおすすめです。

物件探しに時間をかけすぎないようにする

物件探しにはある程度の時間をかけるべきですが、目安として3ヶ月以上はかけないように注意しましょう。時間をかけすぎると決断力が鈍ったり、魅力的な物件を他の人に取られてしまったりして、引越しに適したタイミングを逃してしまいます。

引越し理由は会社への報告が必要?

会社員の方の場合、引越しの事実を職場へ報告することが義務付けられています。健康保険や厚生年金、住民税の支払いには正しい住所の情報が必要なので、会社への報告は必ず行いましょう。ただし理由について報告する義務はなく、詳細を伝えるかどうかは自由です。

まとめ

引越しを決める理由は「同棲・結婚」や「異動」、「近隣トラブル」までさまざまです。引越し先を決める際は、引越しをする理由を不動産会社の担当者に詳しく説明しましょう。会社員の方の場合、引越しの事実そのものは会社に報告する義務がありますが、引越しの理由までを伝える必要はありません。

引越しにかかる費用を抑えたい場合は、引越革命のラク越(ラクコシ)サービスをご利用ください。当社では一貫したオンラインシステムを構築したことにより、引越し料金を大幅に抑えることに成功しました。また、引越し料金のお支払いにはクレジットカードもご利用いただけるため、分割払い・リボルビング払いを利用してお引越しできる点もメリットです。

お見積もりスタート
0120-36-2020
営業時間:10時〜20時 / 土日祝祭日も営業
お見積もりはこちら